×

530-0005
大阪市北区中之島3−3−3
中之島三井ビルディング17階

moshimoshi : 06-6147-3251
gaagaaapiiiii : 06-6147-3252

hello@site1304.com

THINK
THINK

back

現在の原価計算は1920年代の現実
005
現在の原価計算は大恐慌以前の1920年代の現実に基づいたままで、生産時のコストしか把握できていない。 1920年代は原材料をのぞく総コストのうち、肉体労働者の直接労働コストが80%もしめていたので 現代の正しい原価計算とは著しく異なってくる。 たとえば飲食店で売れ残った商品の破棄される分の費用=廃棄原価は原価計算にははいっていない。 完売よりは通常、廃棄が発生するというのが現実であり、 予想できうる廃棄分は見越して原価にいれておくべきであるがそれができない。 ビジネスモデルがかわれば原価計算もかえないと正しい把握はできない。 しかしながらデザインやWEB系になるとものの仕入れなどはあまり発生しないので、従来の原価計算に落ち着くのかもしれない。 特にフリーや自営業で制作をしている人たちは仕入れは少なく、廃棄コストはないので現在の原価計算でも特段、問題はない。 とはいえ、のれん、いわゆるブランドを構築するコスト、知識や技術の仕入れなどはあるので 1920年代とははやりコスト構造は明らかに違う。 ブランドを基調とした、品の良さを売りにするお店だと同じ店構えのままでいいわけではなく、 経年劣化をさけるために何年かに一度、改装が必要になってくる。 その改装費用を通常、コストには組み入れてはいない。 サイトも同じままだと年々横幅が広くなったり表現の仕方が変わったりするので、 ある程度ごとには見せ方を変えなくてはいけない。 その費用をあらかじめ日々のコストにいれておくことが本来は正しい原価計算になってくる。 AI時代になるとさて、どういう原価計算になってくるのだろうか。 発注から納品までの時間が限りなく0に近づけば廃棄コストはなくなってくる。 品減りもセンサーの強化で0にすることは可能だ。 そうなると結局、原価計算はもとの1920年代の姿に大半、戻せるのかもしれない。
現在の原価計算は大恐慌以前の1920年代の現実に基づいたままで、生産時のコストしか把握できていない。
1920年代は原材料をのぞく総コストのうち、肉体労働者の直接労働コストが80%もしめていたので
現代の正しい原価計算とは著しく異なってくる。
たとえば飲食店で売れ残った商品の破棄される分の費用=廃棄原価は原価計算にははいっていない。
完売よりは通常、廃棄が発生するというのが現実であり、予想できうる廃棄分は見越して原価にいれておくべきであるがそれができない。
ビジネスモデルがかわれば原価計算もかえないと正しい把握はできない。
しかしながらデザインやWEB系になるとものの仕入れなどはあまり発生しないので、従来の原価計算に落ち着くのかもしれない。
特にフリーや自営業で制作をしている人たちは仕入れは少なく、廃棄コストはないので現在の原価計算でも特段、問題はない。
とはいえ、のれん、いわゆるブランドを構築するコスト、知識や技術の仕入れなどはあるので1920年代とははやりコスト構造は明らかに違う。
ブランドを基調とした、品の良さを売りにするお店だと同じ店構えのままでいいわけではなく、経年劣化をさけるために何年かに一度、改装が必要になってくる。
その改装費用を通常、コストには組み入れてはいない。
サイトも同じままだと年々横幅が広くなったり表現の仕方が変わったりするので、ある程度ごとには見せ方を変えなくてはいけない。
その費用をあらかじめ日々のコストにいれておくことが本来は正しい原価計算になってくる。
AI時代になるとさて、どういう原価計算になってくるのだろうか。
発注から納品までの時間が限りなく0に近づけば廃棄コストはなくなってくる。
品減りもセンサーの強化で0にすることは可能だ。
そうなると結局、原価計算はもとの1920年代の姿に大半、戻せるのかもしれない。
THINK

back

現在の原価計算は1920年代の現実
005
現在の原価計算は大恐慌以前の1920年代の現実に基づいたままで、生産時のコストしか把握できていない。
1920年代は原材料をのぞく総コストのうち、肉体労働者の直接労働コストが80%もしめていたので現代の正しい原価計算とは著しく異なってくる。
たとえば飲食店で売れ残った商品の破棄される分の費用=廃棄原価は原価計算にははいっていない。 完売よりは通常、廃棄が発生するというのが現実であり、予想できうる廃棄分は見越して原価にいれておくべきであるがそれができない。 ビジネスモデルがかわれば原価計算もかえないと正しい把握はできない。

しかしながらデザインやWEB系になるとものの仕入れなどはあまり発生しないので、従来の原価計算に落ち着くのかもしれない。 特にフリーや自営業で制作をしている人たちは仕入れは少なく、廃棄コストはないので現在の原価計算でも特段、問題はない。
とはいえ、のれん、いわゆるブランドを構築するコスト、知識や技術の仕入れなどはあるので1920年代とははやりコスト構造は明らかに違う。 ブランドを基調とした、品の良さを売りにするお店だと同じ店構えのままでいいわけではなく、経年劣化をさけるために何年かに一度、改装が必要になってくる。
その改装費用を通常、コストには組み入れてはいない。
サイトも同じままだと年々横幅が広くなったり表現の仕方が変わったりするので、ある程度ごとには見せ方を変えなくてはいけない。
その費用をあらかじめ日々のコストにいれておくことが本来は正しい原価計算になってくる。

AI時代になるとさて、どういう原価計算になってくるのだろうか。 発注から納品までの時間が限りなく0に近づけば廃棄コストはなくなってくる。 品減りもセンサーの強化で0にすることは可能だ。
そうなると結局、原価計算はもとの1920年代の姿に大半、戻せるのかもしれない。