令和考

Reading Time: 1 minute令和は最初の元号、大化から数えて248番目の元号になります。
「万葉集」の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文を典拠としています。
社団法人 日本流行色協会(JAFCA)は令和の発表に際し、
慶祝カラーとして梅、菫、桜の三色を選んでいます。
梅のカラーは日本の伝統色にある梅紫紅梅色などの梅の色からは
採用していないようですが、元号にゆかりのある菅原道真にちなんで、
飛梅色なのでしょうか。

梅花謌卅二首并序

天平二年正月十三日、萃于帥老之宅、申宴會也。于時、初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。加以、曙嶺移雲、松掛羅而傾盖、夕岫結霧、鳥封穀而迷林。庭舞新蝶、空歸故鴈。於是盖天坐地、促膝飛觴、忘言一室之裏、開衿煙霞之外、淡然自放、快然自足。若非翰苑、何以攄情。詩紀落梅之篇。古今夫何異矣。宜賦園梅聊成短詠。

梅の花の歌三十二首、并せて、序

天平二年一月十三日、帥老の宅に萃ひて、宴会を申ぶ。時に初春の令月にして、気、淑く、風、和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。加以、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて盖を傾け、夕の岫に霧結び、鳥は穀に封ぢられて林に迷ふ。庭に新蝶舞ひ、空には故雁帰る。是に天を盖にし、地を坐にし、膝を促けて觴を飛ばし、言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開き、淡然として自ら放し、快然として自ら足りぬ。若し翰苑にあらずは、何を以てか情を攄ベむ。詩に落梅の篇を紀す。古と今と、夫れ何ぞ異ならむ。宜しく園梅を賦して、聊か短詠を成すベし。

令月には何事をするにもよい月という意味があります。いい節目になりますように。

動きの設定値

Reading Time: 1 minuteシュザンヌ=ランガー(Susanne K. Langer)によれば芸術の原点はダイナミック・イメージだそうです。
まさに動的な何かは人間に限らず、主人との再会の喜びに我を失い踊るオカメインコやオウム、猫や犬にもみられます。
そうなると芸術は生そのものであり、それを素直に表現する行為がダイナミック・イメージなのでしょう。

さて私たちは冷静な大人になってさえ、動くものに興味を抱きます。
ショップの誘導もそう、動きを感じさせるような矢印や店員の挙動が客を引き寄せます。
手の招き方ひとつとってもそうです。なめらかな動きはことさらに美しく、こころをほどいてくれます。
動くものはみないとをかし、なのです。

ところで動けばなんでもいとをかしなのでしょうか。そうではありません。
読めないくらいのスピードで文字が流れても不快なだけですし、かといって動いているのかいないのかわからないくらいのスピードで文字が流れていても苛立ちます。
適度なスピード、ここちよい揺らぎがそのものに対してあるのでしょう。
物自体に適正な動きの設定値が属性としてあるということかもしれません。

アイルランド短篇選| 読書の記録 00097

Reading Time: 1 minute『アイルランド短篇選』 橋本 槇矩 (翻訳) 岩波文庫 ¥770

こういう地域性の強い小説はちょっとした言い回しがおもしろい。雌鶏が道を横切る様を描くことができるなら一人前の作家になれる、そうだ。

動物の描き方| 読書の記録 00096

Reading Time: 1 minute『動物の描き方』 ジャック・ハム (著), 島田 照代 (翻訳) 建帛社 ¥1,960

原典中の原典。動物の特徴をしっかり頭にたたきつけれる。筋肉、骨、どういう動きをするか、そういうところをしっかり頭にいれていれば作画崩壊なんかありえない。

西洋の着想・東洋の着想 | 読書の記録 00093

Reading Time: 1 minute『西洋の着想・東洋の着想』 今北 純一著 文春新書 ¥759

伝統および風土の視点がないと商品開発は失敗するという話。日本はコンセプトよりもディティールを、西洋はディティールよりコンセプトを重視する。
バイオリニスト、メニューイン(Menuhin)の学習の3つの段階の解説は興味深い。


ディベートとデザイン

Reading Time: 1 minute長年講師をしている専門学校で、ディベートをデザインの授業に取り入れる思考実験を今週から仕掛けていきます。
検証できるところまで昇華できれば万々歳。ディベートは松本道弘さんの方式(紘道館式)にそって、より科学的に、真理の追求、意思決定、問題解決をこころみます。
立論・尋問、作戦タイム、反駁をしていくなかで、初心者むけに作戦タイムをやや長めにとって試行錯誤を繰り返し、なんらかの意味あいが見つけられればと思います。

Gestaltungsprobleme Des Grafikers/the Graphic Artist and His Design Problems/Les Problemes D’UN Artiste Graphique| 読書の記録 00092

Reading Time: 2 minutes『Gestaltungsprobleme Des Grafikers/the Graphic Artist and His Design Problems/Les Problemes D’UN Artiste Graphique』 J. Muller-Brockmann著 n’li ¥5,027

デザインの基本にして最高のテキストではないのかな。ブロックマンのこれらのレイアウトはレスポンシブサイトをデザインする人には必読とおもわれ。

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本| 読書の記録 00091

Reading Time: 1 minute『秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本』 J・ウォーリー・ヒギンズ著 光文社新書 ¥1,650

高い建物がなく、ぺたんとした風景がおもしろい。今つくったよ、みたいな町。看板のデザインを見て感じたことはコピーや電話番号やら余計なものがあまりない。会社の名前、ドーン、サービス名、ドーン。赤、黒みたいなストレート。ひらがなよりカタカナがやたら目につく。