日本の論点 2015-16| 読書の記録 00024

Reading Time: 1 minute『日本の論点 2015-16』 大前 研一 (著) プレジデント社 ¥1,728
再読。複数の参謀をかかえている主人からの依頼は受けない方がいいとのこと。入札仕事もしないと。相見積りはしかたがないという経営者がたまにいるが、各病院にいって、まずはお見積もりをというのだろうか。
大前さんは実務家なので、細かいところからの大きいビジョンをだせる。
p.33 あたりの薄熙来(はく きらい、ポー・シーライ)の賃加工モデルからの脱却(大連ソフトウェアパーク誕生)の話はおもしろい。

儲からんのはアンタのせいや| 読書の記録 00022

Reading Time: 1 minute『儲からんのはアンタのせいや』 桂幹人 (著) 講談社 ¥1,728
コンサル会社はただの販促やさんとバッサリきる。販促やの私としては販促はそんなものじゃないとおもって精読してみる。再建屋としての桂さんの手法を確認。問題は自身のサービスのKPIをどう見つけるかだとおもう。
現在の会社はこちら。

コンピュータ・ネットワーク| 読書の記録 00020

Reading Time: 1 minute『コンピュータ・ネットワーク』 石田 晴久 (著) 岩波新書 ¥580
再読。1991年のネットワーク環境のはなし。モデムでダイヤルアップ接続の時代。
いまとなっては存在しないシステム、組織、機器類のことをザッピング。通信の歴史を確認できる。