RITA’S STANDARD | 読書の記録 00077

Reading Time: 1 minute『RITA’S STANDARD スタイリスト 高橋リタのシンプル&洗練ルール 春夏: 大人のリタ・ベーシック』 高橋 リタ 著 小学館 ¥1,430

プラットフォームにしている方。クリーン、知的、品格が彼女の基本キーワード。

絵と言葉の一研究| 読書の記録 00076

Reading Time: 1 minute『絵と言葉の一研究 「わかりやすい」デザインを考える』 寄藤 文平 著 美術出版社 ¥1,980
オーダーを絵にしていく工程がわかっておもしろい。当時リアルタイムに彼の竹槍マフラー(ヤンキー車)のイラストをみた記憶がある。マフラーの絵にいたった流れが書いてあって、なかなか感慨深い。

パパラギ―はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集| 読書の記録 00070

Reading Time: 1 minute『パパラギ―はじめて文明を見た南海の酋長ツイアビの演説集』 岡崎 照男 著 立風書房 ¥650

和田誠さんの装丁。気に留めない日常を再度見直すきっかけとなる書。デザインをしたり、なにかをつくるときはこういう0からの視点が大事かなと。
文明とはさて、なんでしょうか、ということをもう一度考え直した方がいいのかもしれない。文明の目的、ここがどうもあやしい。

新しい市場のつくりかた| 読書の記録 00069

Reading Time: 2 minutes『新しい市場のつくりかた 』 三宅 秀道 著 東洋経済新報社 ¥1,771

顧客を創造しましょうとドラッカーはいいますが、話はそんなに単純ではないはずです。
市場がそもそもどうできあがるのかがよくわかりません。
そのあたりから理解していないと顧客の創造はできません。
1,000社近くを歩いて調べてきた東海大の経営学者、三宅秀道氏によれば市場創造には次の4つの局面があるそうです。

1.問題開発
2.技術開発
3.環境開発
4.認知開発


それぞれのハードルを飛び越えることで市場はつくられるということです。
紹介されている話がとても具体的でおもしろいのでぜひご一読していただいた方がいいかとおもいます。
需要があるから、技術がすぐれているから、そういうのが市場をつくっているわけではないということです。
講義をする際に非常に頼りにしている一冊です。