人間の目は5億7,600万画素

Reading Time: 1 minute
ロジャー=N=クラーク氏によると人間の目は5億7,600万画素だそうです(人間が見分けられなくなる最小の幅を0.59分(60分=1度)として計算)。
最高峰のデジタルカメラで7,500万画素ですから、解像度の高さはデジタルのはるか上をいっているということです。

ただ画素数が増えるだけだと受光面積は小さくなりますから(受光素子に外枠があるので、分割すればするほど受光部分は小さくなります)必ずしも画素数が大きい=解像度が高いというわけではありません。

ちなみに地平が完全に水平の場合、目は最大でおよそ50km先まで見えるそうです。
センサーとしての人間のポテンシャルは思った以上に高いのかもしれません。